首の周りのイボを取ってくる病院

そのイボ、こんな病院で治療できます。

首周りにイボができたら、どこの病院に行ったらいいのでしょうか?

答えは、「皮膚科です。
皮膚のトラブルですので、まずは皮膚科に行くのがオススメです。

 

治療方法は?

皮膚科に行くと、液体窒素レーザー(場合によっては医療用ハサミ)を用いて、手軽に首イボを焼き切るという治療方法があります。

入院の必要は?

これなら、入院する必要はありませんので、忙しい方でも、治療が可能になります。
首イボは、一般的には加齢した人の首周りに登場(?)するものですが、希に若い方にもポツポツと登場することがあります。

 

イボ自体は、ほとんどのものが良性ですので、気にならない方は、必ず取り去らなければいけない、というわけではありません。
ただ、急激に成長してきたり、色が黒っぽく変色してきたようなものであれば、一般的な首イボではなく、悪性のもの(腫瘍)の可能性もありますので、取り除かないにしても、よく注意して、変化を観察しておく必要があります。

 

治療の跡は?

皮膚科での外科的処置でも、十分綺麗な仕上がりになって、跡がほとんど残らないのですが、費用が多少高額になっても、より仕上がりを重視したい、と考える方は、美容皮膚科に行く、という選択肢もあります。
仕上がりまで、しっかりカウンセリングがありますので、安心です。

 

 

首いぼについて詳しくはコチラ 

 

 

 

外科的な治療方法

(美容)皮膚科で行われる外科的な治療について、大きな流れを見てみることにしましょう。(以後まとめてクリニックと呼びます)

 

液体窒素で焼き切る方法

まず、施術方法を選びます。液体窒素で焼き切る方法は、保険内で治療ができますので、費用を抑えられることができます。
とりあえず、できるだけ低予算で取りたい、という方にはオススメです。
ただ、かなりの痛みが伴う、ということを予め納得しておく必要があります。

 

レーザーによって焼き切る 方法

今首イボ取りに一般的に使われているのが、レーザーによって焼き切る、という方法です。
こちらは、まず、局所麻酔を行い、レーザーによって焼き切りますので、痛みはありません、レーザーで焼き、切除部分の出血も固めますので、出血も最小限で済みます。
ただ、現在のところ、レーザー治療は保険適用外ですので、全額自己負担となり、費用が掛かるのがデメリットです。これらのことを踏まえて方法を選び、次はクリニックを選びます。

 

クリニックを選ぶ

インターネットのホームページや口コミを見て、施術方法や治療時間などを確認します。
ポイントは、費用とアフターケア。特にレーザー治療だと、クリニックごとに費用は異なります。
万が一、治療箇所のトラブルがあった際の対応も大切です。
これらのことを踏まえてクリニックを決め、後は診察、カウンセリング、そして治療という流れになります。

関連サイト集

アクロコルドンの症状と治療|自宅で首イボをとる方法・・・首や目の下なのにできる小さなイボのようなできもの。とても小さなものなのだけど、あると目立ってしまい、美容的にもきれいとはとても言えず、気にされている方がとても多いです。放置していると知らず知らずのうちに数が多くなっていた!という方も少なくないと思います。
首いぼの治し方・・・病院に行くほどでもない、病院に行ってもまたすぐにポツポツが出来てしまう、そんな方にの為の首ケア化粧品をレポート。